ゴム薬品

その他のゴム薬品・加硫剤

バルノック R

化学名:4,4'-ジチオジモルホリン

バルノック R

CAS登録番号 103-34-4
既存化学物質名簿番号 (5)892
EINECS既存物質番号 2031030
TSCA登録状況 登録済

包装単位:20kg紙袋

 

バルノック Rの一般性状
外  観 白色ないし灰白色粉状
融  点 120℃以上
灰  分 0.5%以下
加熱減量 0.5%以下
ふるい残分 0.5%以下(75μm)
比  重 1.42

 

バルノック Rの特徴・用法

NR・IR・BR・SBR・NBR・IIR用。
加硫温度で分解して活性硫黄を放出する加硫剤である。

硫黄の配合量を減量できるため、未加硫、加硫後いずれの場合も、硫黄のブルームの心配はない。スコーチ性も安全である。
硫黄のブルームを極度に嫌う配合または鮮明色ブチルゴム配合に好適である。

使用量 0.5~2phr。通常1~2phr。
その場合の硫黄量は0.5~2phr。

←戻 る