ゴム薬品

加硫促進剤・チウラム系

ノクセラー TET-G(TET)

化学名:テトラエチルチウラムジスルフィド

ノクセラー TET-G(TET)


CAS登録番号 97-77-8
既存化学物質名簿番号 (2)1820
EINECS既存物質番号 2026078
TSCA登録状況 登録済

包装単位:20kg紙袋

 

ノクセラー TET-G(TET)の一般性状
外  観 淡灰白色グラニュール状
融  点 66℃以上
灰  分 0.3%以下
加熱減量 0.3%以下
比  重 1.31

 

ノクセラー TET-G(TET)の特徴・用法

NR・IR・BR・SBR・NBR・IIR・EPDM用。
加硫促進剤としての性能はTT-Pにほぼ同じであるが、スコーチ性及びブルーム性が少ないのでその点極めて使いやすい。

用法はTT-Pに準ずればよい。

TT-Pと同様加硫剤となる。TT-Pの場合と全く同じ効果を望むならば、増量が必要である。

ラテックスではTT-Pより強く働く。
CRではリターダーとして作用する。また、硫黄変性のCRではペプタイザーともなる。
(TETは粉状品)。

←戻 る