ゴム薬品

加硫促進剤・ジチオカルバミン酸塩系

ノクセラー PX

化学名:

ノクセラー PX

CAS登録番号 14634-93-6
既存化学物質名簿番号 (3)2186
EINECS既存物質番号 2386771
TSCA登録状況 登録済

包装単位:10kg紙袋

 

ノクセラー PXの一般性状
外  観 白色粉状
融  点 195℃以上
亜 鉛 分 13.3〜18.0%
加熱減量 0.3%以下
ふるい残分 0.0%以下(150μm)
0.5%以下(75μm)
比  重 1.55

 

ノクセラー PXの特徴・用法

NR・IR・BR・SBR・NBR・IIR・EPDM及びそれらのラテックス用。
超加硫促進剤の中で最もスコーチしにくいもので、加硫促進剤の性能はPZEZBZ-Pとほぼ同じである。
用法はPZEZBZ-Pに準ずればよいが、作業の安全性が期待できる。特に少量のDM-Pとの併用は極めて良結果が得られる。

アミンと併用すると自然加硫が可能となる。
無味,無臭,無毒のため食料品関係用品に適する。

ラテックス用としては現在の加硫促進剤の中で最も使いやすいものである。

←戻 る