ゴム薬品

加硫促進剤・チアゾール系

ノクセラー DM-P(DM)

化学名:ジ-2-ベンゾチアゾリルジスルフィド

ノクセラー DM-P(DM)


CAS登録番号 120-78-5
既存化学物質名簿番号 (5)265
EINECS既存物質番号 2044249
TSCA登録状況 登録済

包装単位:20kg紙袋

 

ノクセラー DM-P(DM)の一般性状
外  観 淡黄白色ペレット状(DMは粉状)
融  点 170℃以上
灰  分 0.3%以下
加熱減量 0.3%以下
ふるい残分 0.0%以下(150μm)
0.5%以下(75μm)
(ふるい残分はDM-Pについては除く)
比  重 1.50

 

ノクセラー DM-P(DM)の特徴・用法

NR・IR・BR・SBR・NBR・EPDM用。
現在、利用度の多い酸性加硫促進剤である。 M-Pに比べてスコーチしにくい点が違う。
用法としては、単独使用又はM-Pに準じて塩基性加硫促進剤と併用したり、またチウラム系加硫促進剤との併用がよい。
ときには、M-Pのスコーチ性を緩和するためにその一部をこれで置換することもある。
ほとんどあらゆる製品に使用できる。特に、型加硫製品、密着を必要とする製品、押出製品に好適である。
ただし、このもの自体には苦味はないが、加硫後にゴムに苦味を付与するため飲食物と接触する製品とか口腔に触れる製品には不適当である。

CRではリターダーとなる。

←戻 る